« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月18日 (金)

県議会代表質問に登壇

本日、民主党県議団を代表して本会議で代表質問に登壇しました。質問項目は以下の通りです。

1.国の出先機関の廃止に伴う広域連携について

2.市町村への権限委譲と補助金の見直しについて

3.台風第9号に係る漁業被害について

4.私学助成について

(1)私立幼稚園の施設整備の充実について

(2)公私間格差の是正による私立高校生徒等への支援について

5.介護人材の確保について

6.スポーツ・ツーリズムの推進について

7.荷さばき車両に配意した駐車規制の緩和について

質疑の一部は3月4日19時からテレビ神奈川で放映されます。民主党県議団は民主党国会議員とは違い、県民の生活を第一に一致団結して、本定例会に提案された平成23年度当初予算をはじめ諸議案に対して、しっかり議論をして参ります。

| | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

民主党県議団、議員定数90に削減を決定!

民主党県議団は昨日の団会議において、議員定数を現在107名から15%削減し、90名とすることを決定しました。

90名とした根拠は、人口10万人に議員1名。「議員は多い」という県民意見の尊重。1票の格差の是正などです。

現在、県議会議員は欠員により98名ですが、議会運営に支障があるとは言えず、本会議や各委員会で発言をしない議員も散見されますので、90名に削減しても議会のチェック機能は十分に果たされると思います。

そもそも、議員の定数や報酬は議会自らが決める聖域を改め、第三者による諮問機関を設置して公明正大に議論していただく形が望ましいと考えます。

いずれにせよ、定数削減に向けて、会派一丸となって取り組みます。

| | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »