« 大震災の影響を受けている中小企業への金融支援を実施 | トップページ | 食の安全・安心 »

2011年3月17日 (木)

神奈川県内の放射線量を他県と比較する

昨日、県内の環境放射線量は常に監視されており、横須賀地区・川崎地区に関しては、以下のホームページで10分ごとにリアルタイムで数値を公表していることをお知らせしました。

環境放射線モニタリングシステムhttp://www.atom.pref.kanagawa.jp/

福島原発からみて、神奈川県よりも遠い大阪府のモニタリングシステムは以下のホームページで確認できます。

大阪府環境放射線モニタリングシステムhttp://www.o-ems.pref.osaka.jp/

万が一、原子力緊急事態が発生した場合、国、神奈川県はテレビ、ラジオなどによる緊急放送をし、市町村は防災行政無線、広報車、CATVなどを通じて地域に向けて知らせます。漁船や船舶には、漁業無線や海上保安本部の巡視船で知らせます。

私も頻繁に県内の放射線量の推移をチェックするようにしています。マスコミ報道の憶測よりも数字で実態を把握したいと思います。

|

« 大震災の影響を受けている中小企業への金融支援を実施 | トップページ | 食の安全・安心 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県内の放射線量を他県と比較する:

« 大震災の影響を受けている中小企業への金融支援を実施 | トップページ | 食の安全・安心 »